校長通信

校長通信 >> 記事詳細

2019/01/04

校長通信(9)平成31年1月

Tweet ThisSend to Facebook | by 1702

2019年のスタートにあたって

 

校 長  大竹 実

 

与野高生の皆さん、あけましておめでとうございます。いよいよ2019年がスタートしました。もうすぐ、約2週間の短い冬休みも終わります。新しい年を皆さんはどんな気持ちで迎えたでしょうか。「1年の計は元旦にあり」と言われます。新たなことに取り組むにあたっては、しっかりと目標を決めて、それに向けた計画を立てることが大切です。新たな目標を決めたら途中であきらめずに最後まで頑張ってもらいたいと思います。

さて、2学期の終業式では小説家の井上靖さんの「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」という言葉を紹介して、努力ができるか否かはその人の生き方を大きく左右するという話をしました。この努力ということについてもう少し続けて書いておきたいと思います。

サッカーの長友佑都選手は皆さんもよく知っていると思います。何年か前にタレントの平愛梨さんと結婚したことでも話題になりました。長友選手は、中学・高校の同僚や恩師から、「努力の天才だった」と言われていたようです。そんな長友選手が次のように語っています。

「努力したことで得られるものは本当にたくさんある。努力の成果はピッチの上だけに現れるものじゃない。たとえば、努力する過程での人との出会いも成果のひとつ。他人から見れば、気がつかない小さなことであっても「成長出来ている」「よくやった」と感じること、ちっちゃな幸せを積み重ねていくことが大事なんだ。」

努力の成果は自分にしかわからないものもたくさんあります。少しでも成果があれば、自分で自分を褒めてあげることも大切なことなんだと思います。

また、努力して成果があるときも、残念ながらよい結果が出ないときもあるはずです。でも、たとえ結果が出なくても。努力をすれば「努力をした」という経験が残ります。努力もせずに何も経験しないのとは大違いです。たとえ結果がでなくても、得られるものはたくさんあるはずです。

なんだか、努力、努力・・・と硬い話になってしまいましたが、新しい年を迎えたよい機会ですので、大きな夢を持って。いつも挑戦する気持ちを忘れないで小さな努力を積み重ねていってください。

今年は亥(イノシシ)年です。「猪突猛進」ということわざがあるように、目標に向かって一直線に突き進むのは良いと思います。けれども、周りの人への配慮や周囲の状況を読むことも大切です。ぜひ「勇往邁進」し、自分の夢に一歩でも近づいてもらいたいと思います。


09:12 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)