児童センターでの体験事業

乳幼児とのふれあい交流事業
~児童センター主催『高校生と乳幼児のふれあい交流事業』に参加~

 さいたま市の各児童センターでは、夏休みに『高校生と乳幼児のふれあい交流事業』として、高校生と乳幼児とのふれあいの場を設定しています。
 今年度、本校からは計21名の生徒が参加し、乳幼児とのふれあいを体験してきました。最初は、恐る恐る赤ちゃんに触れていた生徒達も、だんだんと慣れ、最後は抱っこができるまでになりました。赤ちゃんとのふれあいだけでなく、お母さん達との会話も弾むようになり、貴重な体験となりました。